未分類 | 群馬大学理工学部太田研究室
群馬大学 太田研究室

以下のように太田研究室の卒業論文発表会を行います。情報コースの皆様はどなたでも聴講できますので、多数の方の参加をお待ちしています。

開催日時:2022年2月17日(木) 13:00~14:30
開催方式:オンライン

[プログラム]

13:00~13:15 奥泉 花菜「つくばチャレンジに向けた色相ヒスとグラムを用いた歩行者用信号認識手法の提案」
13:15~13:30 ルミ 恭輔「LBP特徴量を用いたつくばチャレンジにおける経路封鎖看板の判定」
13:30~13:45 北條 天貴「3D-LiDARを用いた人物追従システムの開発」
13:45~14:00 越 涼河 「単眼画像からの深度マップを用いた障害物検出手法の提案」
14:00~14:15 八巻 未来「画像処理による道路白線の検出」
14:15~14:30 和田 遼 「色情報と形状情報を用いた道路標識の自動検出」

2021年2月14日(月)、15日(火)に情報科学コース 修士論文発表会を行います。

場所:リモート開催

※太田研の学生の発表は 2月15日(火) 9:50-11:50 に行います。
09:50~10:10 矢嶋 良祐「つくばチャレンジに向けた色情報とHOG特徴を用いた歩行者用信号認識手法の開発」
10:10~10:30 有吉 優貴「つくばチャレンジにおける経路封鎖看板の特徴量に基づいた識別」
10:30~10:50 和田 健伍「つくばチャレンジにおけるLiDARの点群データを用いた特定物体検出手法の開発」
10:50~11:10 香月 剛 「つくばチャレンジに向けた自立走行ロボットの経路計画手法の開発」
11:10~11:30 菊地 隆晴「ICPマッチングを使用した高精度点群地図生成手法の開発」
11:30~11:50 古田 樹男「つくばチャレンジのための実機調整に適したウェイポイント作成ツールの開発」

太田研究室では「つくばチャレンジ2021」に参加しました。

つくばチャレンジ

2021年11月21日に本走行が行われ、群馬大学理工学部(太田研究室)の学生と株式会社リバストの鹿貫悠多氏によるチーム「群馬大学リバストチーム(1)」が、課題達成(完走+選択課題2項目以上成功)を成し遂げました。

詳細は理工学部ホームページで確認

新年度のゼミを開始します。

日時:2021年4月9日(金)15時~
Zoomを使用してオンラインで行います。

2021年2月22日(月)に横内研究室・太田研究室・加藤研究室の卒業研究発表を、zoom開催で以下のように行います。どなたでも聴講できますので、是非ご参加下さい。なお加藤研究室に関しては、修士1年の中間派発表会も兼ねています。

場所:Zoom 開催
時間:11:00~16:15

【横内研究室】11:00~12:00
 原口 裕宜「楽器の弾き方の改善点を提案するシステムの構築」
 松井 孝太「AR機能を使った山頂検索のためのスマホアプリの開発」
 石原 由太「初心者がゲーム感覚でプログラミングの考え方を学べるツールの開発」
 DENGLIHAN「ゲームエンジンの種類と機能の調査研究」
 内田 明良「GPSログを利用した急加速・急減速の検出」
【太田研究室】13:00~14:30
 武者 泰基「HOG特徴を用いたSVMによる止まれ標識判定」
 高橋 由紀菜「色情報とテンプレートマッチングを用いた道路標識の検出」
 滝澤 健太郎「テンプレートマッチングによる歩行者用信号機の検出」
 松本 陵吾「差分画像によるテンプレートマッチングを用いた歩行者用信号機の状態変化の検出手法」
 平井 翔悟「自律走行ロボットの道なり走行のための消失点検出手法の精度向上」
 福本 大地「移動ロボットのためのステレオカメラによる障害物検出のためのブロックマッチングの性能比較」
【加藤研究室】15:00~16:15
 邉見 貴彦(修士1年)「深層畳み込みネットワークの初期化アルゴリズム」
 田島 賢哉(修士1年)「SVM 型多クラス分類器のためのフランクウルフ学習法」
 土田 康平(修士1年)「フランクウルフ算法によるSVMの符号制約学習」
 吉野 圭亮「ロジスティック回帰のためのフランクウルフ法における線探索の効果 」